紫外線を防止

紫外線を防止して美白を目指すためには

白く美しいお肌を守るには、紫外線防止が鍵を握ります。紫外線を浴びた肌は、色がくすんだり、しみになったりします。一般的に、春先から夏が強烈な紫外線が地表に到達していると思われがちですが、その実紫外線は、秋や冬でも皮膚に影響を与え続けています。

もしも、紫外線から肌をガードしたいなら、紫外線量が多い時間に屋外で活動をすることは控えるといいでしょう。この紫外線の多い時間帯は、午前10時から午後14時の間で、この時間帯だけでも1日のうちの50パーセントが降り注ぐと言われています。

やむをえない理由で、昼に外出せざるをえないことは少なくないでしょうから、そういう時には日焼け止めクリームを使ってください。日焼け止めクリームを使う時の注意点として、効果が現れるのは皮膚に塗ってからしばらく後です。

出かける直前に日焼け止めクリームをつけると、クリームの効果が皮膚に及ぶ前に紫外線がお肌を焼いてしまうことがあるので、要注意です。途中で塗り直すことも、日焼け止めクリームでは大事です。

夏の暑い季節では、日焼け止めクリームを塗った後で汗をかくと有効成分が流れてしまいます。また、効果がずっと続くものでもありません。時間で言えば、できれば3時間に1回は塗り直すことをおすすめします。

ビタミンCが含まれている化粧品や、基礎化粧品を用いることが、日焼け対策や、美白ケアには効果が高いと言われています。ビタミンCを積極的に取り入れることで、紫外線によってダメージを受けた肌の健康回復に努めたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>