看護師の仕事

看護師の仕事

看護師の仕事

病院に行くと必ずお世話になる看護師ですが、看護師は実際にガッチリと一体どうなっているのか仕事をしているのでしょうか。

 

看護師の仕事は主に医師の診察や治療、手術の補助、患者の介護や日常生活の援助をすることです。その内容は幅広く、患者の検温、注射、血圧測定、点滴、清拭など、あげれば際限がありません。

 

また病気によって精神的に不安定になっている患者に対し、心身の健康に気を配りながら気分転換や言葉かけをし、精神面でのケアをすることも大切な仕事です。

 

このように看護師は大きな意味で、患者が人間らしく生きていくための手助けをするという仕事だといえます。

 

看護師は病院や診察所などの医療機関だけでなく、老人や障害者を対象とした社会福祉施設、保健所、学校とかで働いています。特に昨今は自宅で療養する高齢者や障害者を訪問して看護や介護をする在宅ケアが増えています。そこでは看護師の仕事に介護や生活指導なども加わるため、仕事の幅は広くなります。

 

看護師という仕事は赤ちゃんからお年寄りまでの全ての年代の人の健康に関わる仕事です。また人の出産や病気、老化、死など、人生の大きな節目に立ち会う仕事でもあると診断されるかもしれません。色々な患者に関わります。ズバリいかなる感じの患者に対しても差別することなく、最善の看護無視すると、いけません。

 

とは言っても現実に仕事は肉体的にも精神的にも過酷な仕事だと言われています。とは言っても実際にちゃんと多くの看護師が毎年退職していきます。その一方で看護師という仕事にやりがいを感じ、看護師としての専門性を高める人もいます。

トップへ戻る