看護師と保健師

看護師と保健師

看護師と保健師

看護師と同じ看護職の一つに保健師がありますよね。保健師の多くは保健所や市町村保健センターなどの公的な機関に所属し、看護職の立場から地域保健、また地域福祉を行っています。

 

看護師と保健師の仕事の一番の違いは、看護師が病気や怪我によって損なわれた健康を取り戻すためのケアをするのに対し、保健師は地域に生活している人々の健康を守るための活動をするということです。

 

保健師はケアを求めてくる人オンリーは避けて、問題を抱えていながら地域社会に埋もれてしまっている人を探し出して援助するという役目が出てくるんですよね。例えば病気でも家庭の事情や経済的な理由で病院に行けない人、介護が必要にも関わらず自力で生活しようとしている人、子どもの問題で悩んでいる母親などがいます。

 

また健康診査の結果や色々な届け出から、地域で起きている健康問題を明らかにして地域の人々に知らせるという仕事もありますよね。
保健師は病院や診療所、企業でも活躍しています。近年は少子高齢化を迎え、社会福祉の分野でも配置が義務付けられている施設もあり、保健師の活躍の場は広がっています。

 

保健師になるためには保健師の国家資格に合格しなければなりません。看護学校を卒業すると看護師国家試験の受験資格が得られると同時に、保健師学校への入学資格が得られます。また4年課程の看護師養成所には看護師と保健師課程を統合カリキュラムにより一貫教育を行っているところもあり、卒業すると看護師と保健師の国家試験受験資格が得られます。

トップへ戻る