看護師と男性

看護師はかつて「白衣の天使」と親しまれていたように、女性向けのの仕事という印象を持つ人が多くあります。しかし実は病院で活躍している男性看護師も多くいるのです。
かつて女性むけのの看護職は看護婦、男性は看護士と呼ばれていましたが、2002年の法改正で名称が統合され、看護師となりました。

 

まだまだ女性でも扱いやすいの看護師が男性より圧倒的に多いですが、少しずつ男性看護師の認知度も増加中です。男性看護師を必要とする現場は増え、中には男性看護師の採用枠を設けて、積極的に採用をしている病院もあるようです。

 

男性看護師の需要が増えるとともに、看護師を目指す男性も増えています。まだまだ男性看護師は不足の状態にあります。

 

どうして男性看護師が求められるのかというのは、まず男性の力が理由にあげられます。医療現場では患者の移動や重たい物資の運搬など、力が求められる場面が多くあると診断されるかもしれません。女性むけの看護師の多い医療現場で、力のある男性は頼りになる存在です。

 

また命と向きあう現場では、比較的感情的になりやすい女性にぴったりのに比べ、あらゆる事態に冷静な対処ができるという声も出てくるんですよね。また女性にぴったりのばかりの看護師の職場に男性が入るだけで職場の緊張感が高まり、よい影響が期待できるという意見も見つけました。

 

しかし男性看護師の受け入れ環境が整っていない職場も多く、また女性むけのが多い現場で人間関係に悩む男性看護師もいます。
男性看護師の能力が生かされるのは女性むけのが多い現場ならではです。女性にぴったりの看護師からも患者からも頼られる男性看護師になれば、とてもやりがいのある職業といえる。

トップへ戻る