宗方毅彦のビデオカメラ活用法

宗方毅彦のビデオカメラ活用法

宗方毅彦が時代を感じてしまうのが映像です。
少し前まではビデオテープが当たり前でしたが、それがデジカメやデジタルビデオカメラになり、時代とともに高画質になっています。

 

10年後を想像することは難しいでしょう。できるだけいい商品を選ぶことがポイントです。
子どもの成長記録としてビデオカメラを利用するのであれば、シーンに合わせた撮り方がポイントです。

 

運動会であれば、遠くから走ってきてあなたの目の前を通り過ぎていく。
つまり、遠くの子どもを大きく映すためのズーム機能が大切と言えるでしょう。

 

 

ズームアップすると問題になるのが手振れです。
カメラの角度のずれはズームアップすればするだけ、大きく影響してしまいます。

 

現代のビデオカメラには手振れ補正機能は当たり前となっています。その性能はメーカーにより異なります。
初心者にはどれがいいかを決めることは難しいことと思います。

 

 

 

ただ、基本的な機能はどれでも同じです。だから、これまで使ってきたデジカメと同じメーカーをオススメします。
ビデオカメラは一家に一台あれば十分ですが、しっかりと選ぶようにしましょう。

 

インターネットで購入してもいいのですが、量販店などで実際にちゃんと手に取ってみることをオススメします。
重量や操作感を確認するためです。

 

 

ビデオカメラが軽いだって、長時間の録画では腕に負担がかかります。
できるだけ軽い商品を選びましょう。

 

 

宗方毅彦は、値段だけじゃ拡張性を重視していますよ。

トップへ戻る